思考メモ

音声入力がすごい件について

投稿日:

最近音声入力を使い始めましたがかなり精度がいいですね、今まではキーボードに普通に打つだけでしたが、超 AI 整理術と言う本を読んだ際に音声入力で原稿を書いていると言う文章を見た時にこれは真似しようと思いました。

 初めはキーボードでいいじゃんと思っていましたが、実際に音声入力を使ってみるとかなり精度が高く、思っていたことをそのまま文章にできるため音声入力の方が優れているのではないかと思いました。

 今使っているのは Google ドキュメントの中で使用できる音声入力ですが、この欠点として句読点が入力されない改行がされないという問題点があります。

 しかし、手元にキーボードを置いておけば文章を話終わった際にキーボードの句読点を入れることが普通にできるので、その点は問題ないんじゃないかと思います。

 音声入力の問題点は誰か他の人がいる時には使いづらい(一人でいる時しか使えない)デスクトップのパソコンの場合はマイクのデバイスを持っていないと使用できない、スマホでもパソコンでも使えるが最初の初期設定にちょっと戸惑う、これぐらいじゃないかと思います。

 音声入力の良い点は、ただ 話すだけで入力してくれるということ、キーボードで打つよりも素早く入力ができる、思っていたことを実際に言葉として話すことで理解が深まる、思っていたことをすぐそば文章化できる、最新のテクノロジーを使っていると言う充実感がある、というところでしょうか。

 今日のこの文章は全て音声入力で入力しています、キーボードを使っているのはたまに出てくる句読点、それと言葉が濁った際に誤入力されてしまった言葉の削除、それぐらいになります。

 痰が絡んだ際などに入ってしまう咳払いなどは、文字として認識されないため文章化されることはありません、なのでかなり使いやすいですそしてかなり精度の高いです。

 滑舌が悪くても長い文章にする際は文章の前後の意味を Google が読み取ってくれるので、単純に短い言葉を話すよりも長い言葉を話した方がうまくいくと思います。

 現在私は Google ドキュメントに音声入力をしてそれをコピーアンドペーストしてブログに貼り付けるという作業をしていますが、ブログで直接音声入力できればなと思っています、それでできそうな Chrome の拡張アプリも見つけましたがうまく使えなかったので Google ドキュメントを使用しています。

 音声入力を使えばブログの執筆作業がかなり楽になると思います、また実際に声を出して話すので頭を活性化されるだろうし、 AI が認識できなかった部分は実際に滑舌が悪いというところなので、そこを意識して話すことで滑舌も改善されると思っています、これは単に思っているだけなので本当に効果があるか分かりませんが…

 今回のブログはここまでですが次回からも音声入力を利用してブログの執筆をして行こうと思います。

 AI 技術の進化というものは相当すごいものなんですね、これからも最新技術を享受していきます。

 以上、それでは。

-思考メモ

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。