キャンプ 趣味

不動尊公園キャンプ場に行ったので施設紹介や感想・画像【口コミ・予約料金・ブログ】

更新日:

どうも、黒咲真雫です。

先日、宮城県の丸森町(宮城と福島の県境付近の地域で相馬市の西約20kmぐらいの場所)にある「不動尊公園キャンプ場」に行ってきましたので、料金、施設紹介(温泉やトイレの綺麗さなど)、食事処や売店など、キャンプで気になる点を紹介していきたいと思います。

~目次~

  1. 料金
  2. 温泉の有無
  3. トイレの綺麗さ
  4. 食事処の有無
  5. 売店のラインナップ(薪や炭、食べ物)
  6. 近くのスーパー
  7. 画像・感想

1.料金

料金についてですが、区画サイトがスモール(4m*4m)サイズ1500円(税込み)、レギュラー(8m*4m)で1区画2000円(税込み)です。

デイキャンプの場合は各サイズ500円引きとなります。

なお、1人増えるごとに宿泊なら追加で1000円、デイキャンプなら追加で500円かかります。(1人の場合は区画の基本料金のみです)

サイトは地面の丸太で区分けされており、区画と区画の間にある程度のバッファーがあるので、お隣さんが近くて迷惑みたいな感じにはなりません。

結構人が多く、区画の数に限りがあるので予約をしてから行きましょう。

私が予約した際はレギュラーが埋まっていて二人でスモール区画というプランでした。

不動尊公園キャンプ場公式サイト

2.温泉の有無

温泉はありませんが、銭湯があります。

徒歩10分くらいかかる少し離れたところにある、あぶくま荘という銭湯施設があるのでそこでお風呂に入ることが出来ます。

料金は1回650円です。

時間は20:00が最終入浴で閉まるのが20:30です。

銭湯は、大浴場、露天風呂、サウナのラインナップで、リンスインシャンプーとボディーソープは置いていますが、髭剃りやタオルは置いていないので自分で用意しましょう。

なお、不動尊公園キャンプ場内にもコインシャワーがありますが、使用できる時間帯が10:00~16:00とスタッフのシフト時間に合わせたような時間帯しか使用できませんので、夜は徒歩である程度歩くか、風呂入る前は酒を飲まない、という選択肢を取る必要があります。

宮城県丸森町あぶくま荘公式サイト

3.トイレの綺麗さ

結構気にするのがトイレの綺麗さです。

ここでは24時間使える外に併設されているトイレについて言及します。

トイレは自体は結構綺麗ですが、若干匂いはあります。

しかし、トイレ内部には虫が全然いないのでそこは安心して用を足すことが出来ます。

水栓はボタン式です。

小奇麗なトイレなので5点中4点ぐらいです。

4.食事処の有無

食事処についてですが、受付棟にテイクアウトショップが付随しています。

メインはコーヒーやレモネードですが、ホットサンドやポップコーン、ソーセージも出していてビールも売っています。

フードドリンクBBQセット-不動尊公園キャンプ場-

5.売店のラインナップ(薪や炭、食べ物)

上のテイクアウトを除いた薪や炭に焦点を当てると、薪は広葉樹が800円、針葉樹が600円です。

ただ、薪を買うか聞かれて、買います、と答えたら800円と言われたので焚火=広葉樹という形で薪を売っているようです。(それが正しいのでちゃんと店員さんも分かっているようです。)

着火剤もココヤシ系のやつを売っているようなので、もし忘れてしまっても売店で買うことは出来るのでご安心を。

Q&A-不動尊公園キャンプ場-

6.近くのスーパー

これがキャンプでかなり大事だと思います。

スーパーは相馬側から行くなら「ヨークベニマル 相馬黒木店」が色々売っていて便利だと思います。(約20km離れています。)

普通に大きなスーパーで、野菜、肉、調味料、飲み物、紙コップ、割りばし、紙皿など必要なものはすべて売っています。

宮城側から行くなら「スーパービッグ丸森店」が距離6kmぐらいですごく近いです。

7.画像・感想

画像は自分がキャンプをした際の写真となります。

地面は砂っぽい感じで芝生は全くないので、地面に置くと結構汚れるので注意してください。

タープは自分と友人のキャンプに括り付けています。

ピコグリルの類似品の焚火台を使いましたが薪を一本丸々横に置けるのでかなり使いやすいです。

ただ、ステンの板を曲げてその反発で台に留めている状態なので、重心がずれると板が傾きますので少し注意してください。

焼き肉の画像は取り忘れました変わりに、焼きとうもろこしの写真を撮りました。

作り方は、皮は剥かずに網の上に置いてたまに転がせばOKです。

めちゃくちゃ甘くて美味しかったので、焼きとうもろこしかなりオススメです。

焚火最高ですね。

山の中なので結構虫は多いです。

その為、灯りは少し離す、虫よけスプレーをしっかりやる事は大切です。

なお、夜はそんなに暑くありませんでした。

まとめ

不動尊公園キャンプ場は料金が安く、徒歩十分に銭湯があり、トイレも小綺麗、薪や炭も売っているという不自由しないキャンプ場になっています。

そのため、是非お勧めできるキャンプ場となっています。

情報がお役に立てば幸いです。

以上、それでは。

次回:芝山自然公園キャンプ場に行ったので施設紹介や感想・画像【口コミ・予約料金・ブログ】

前回:天神岬スポーツ公園キャンプ場に行ったので施設紹介や感想【口コミ・予約料金・ブログ】

-キャンプ, 趣味

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.