投資関連 新書

お金の自己増殖機能を知ってる人だけがお金持ちになれる【資産運用】

投稿日:

どうも、黒咲真雫です。

今回は、投資万歳!とかお金持ち万歳!みたいな、感じの記事ではなくて投資をやらないにせよ、お金の自己増殖機能を知っておくと今の貯金とかの見方が変わります、という思いを込めて付けさせてもらいました。

~目次~

  1. 貯金はお金の使い道を先延ばししているだけ
  2. 収入を増やしても幸せになれない
  3. 時間とお金の力を借りる
  4. まとめ
  5. おすすめの本

貯金はお金の使い道を先延ばししているだけ

お金持ちってどんな人をイメージするでしょうか。貯金が1億円ある人がテレビに出てたらお金持ちかなーって考えると思います。

しかし、個人にとっての貯金=余剰資金なので貯金が沢山あってもお金持ちにはならなくて、単にお金を使っていない人なだけです。

仮に貯金が沢山ある人をお金持ちと呼んでもその人は節約してきたお金を放出すればお金持ちではなくなってしまいます。

そのため、極論を言うと、お見合いとか婚活で貯金が沢山ある人=お金持ち、だと思って結婚しても、結婚後に出費がかさんでしまうと貯金が無くなりお金持ちではなくなってしまいます。

そのため、貯金を増やしてもお金持ちになることは出来ません。お金持ちでいるにはお金を使わないで維持することが必要になるからです。

つまり、お金持ちになっても生活は裕福にならない、という事です。

単に沢山貯金があるだけです。

そして貯金を使うと、貯金が目減りしていってこれが無くなってしまうんじゃないかと、不安に駆られます。

この不安に駆られている状態にあるのが、高齢者です。年金という収入があっても貯金も使っていくことで、長生きリスクを感じ、高齢者が老後が不安と言っているのです。

収入を増やしても幸せになれない

では、貯金をするのではなく、収入を増やすことを考えるとどうでしょうか。

会社勤めのサラリーマンが収入を増やすとなると、昇格、昇給をしてもらうか、副業を始めるかしかありません。

年功序列で勤めているだけで昇給するならいいですが、今の世の中昇給しない会社も多くあります。私が新卒で入った会社も、募集要項には昇給がある、と書いてあるのに実際に勤めたら昇給はありませんでした。

昇給しないなら、昇格して収入を増やそう、と考えるかもしれませんが役職を上げるには努力が必要ですし、上に行けば責任が増えてストレスが高まります。そしてそのストレスを解消しようとしてお金を使うようになります。

今度は、収入が増えたので生活水準を上げようとランクの高いマンションに引っ越すと今度出費が増えます。そしてその出費を維持するために会社で頑張るようになります。

社畜の完成です。

社畜になるためにお金持ちを目指したのでしょうか。

世間から羨まれるため、という見栄っ張りな人もいると思いますが、大半の人は楽な生活をするためにお金持ちになりたいと思うはずです。

ちなみに副業を始めても結局頑張らないと稼げないし、副業で儲かるならフリーターは正社員よりも稼いでいるはずです。稼げるから今の会社に正社員として働き本業としているはずです。

ここまでの事を要約すると、ただ単に自分が頑張るだけでお金持ちになれないし、大変だという事です。

お金自身の力を借りる

じゃあどうすれば、社畜にならずにお金持ちになれるんですか、となります。

実は、お金持ちになるにはお金自身に勝手に増えてもらうことが必要になります。

それが世間でよく言われている資産運用などの事です。

年間平均リターンが5%の金融商品(株式、債券、不動産など)を100万円分持っていれば、年間5万円のリターンが生まれます。

これは私たちが、汗水流したわけでもパソコンの前で眼精疲労や肩こりを犠牲に頑張ったわけでもなく、100万円分の金融商品を持つというリスクを負ったために生まれたリターンです。

老後2000万円問題が話題になりました。あれの内訳には色々突っ込みどころが多いですが、政治家的には2000万円足りないね、年金駄目だね、という事ではなく自分で資産運用とかをしてくれ、っていうのを伝えようとしてそれが伝わらなかったっていう話です。

なお、2000万円を年間5%で運用したら年間100万円のリターンが生まれます。(正確には税金で20%引かれて手元には80万円残ります。)

正直年間80万円の収入があれば、年金と合わせれば生活は出来るはずです。(地方の家賃が安いとこに住むとかは必要です。)

その為、実は2000万円を資産運用して年金と合わせて生活すれば老後の心配は要らないです。

時間とお金の力を借りる

じゃあどうやって2000万円貯めるか、という話になります。

誰しもいきなり2000万円を貯めることは不可能です。

しかし年間に50万ずつ100万ずつ貯めることは可能です。

そして1年で貯まる100万を資産運用に回して翌年は5万の収入が増える。

この増えた収入を使わずに資産運用に今度は105万を回す。

そうすると累計205万になり、今度は年間10.25万円の収入が増えます。

次の年は、110.25万を資産運用に回す。

そうすると累計315.25万から15.76万の収入が得られます。

というサイクルを続けることで、お金を増やしていくことが出来ます。

これを複利と言います。

相対性理論で有名な、アインシュタイン博士は、「複利は人類最大の発明。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う」という言葉を残しています。

まとめ

ここまでの事を要約すると、普段の給料の一部を資産運用に回すことで、勝手にお金がお金を生んでいき、1度は望むお金持ちになれる、という事です。

いきなりお金持ちになることはありませんが、必要以上の努力をしなくてもお金持ちになることは出来ます。

この記事を読んで投資が気になったら、関連記事を読むか、本を買うか、他にもインターネットで調べてみて資産運用へのハードルを下げて、資産運用を始めてみて下さい。
オススメの本は下にまとめてあります。

おすすめの本

はこちらとなります。

はじめての人のための3000円投資生活
内容が難しくないので投資本を初めて読む人にお勧めです。
私が一番最初に買った資産運用本です。

 
 

お金が勝手に増えていく! カンタン! インデックス投資完全ガイド
水瀬ケンイチさんというインデックス投資歴15年の方のムック本です。
内容が分かりやすいですし、水瀬ケンイチさんの資産の流れも分かります。

 
 

ウォール街のランダムウォーカー
インデックス投資におけるバイブルのような位置づけの本です。
ただ、500ページあるのである程度知識が無いと読むのが大変です。2回、3回読むと全体像がつかめてきます。

  
 

敗者のゲーム
FXや短期トレード、個人でファンダメンタル分析などをしている人達すべてを含めて、敗者と位置づけした、インデックス投資至上主義の本です。マーケットのお金は9割ぐらい機関投資家が動かしているので、この考えは正しいと個人的に思います。
ウォール街のランダムウォーカーよりも読みやすいです。

 
 

以上、それでは。

-投資関連, 新書

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。