趣味

少しUFOキャッチャーに手を出してみた

更新日:

仕事関係ばかりだと、身バレ時などが怖いのでこういう話題も交えて行こうかと思います

(趣味系の話題の方が書きやすい)

 

UFOキャッチャーに手を出し始めたきっかけは、「にじさんじ」というグループで活動している、バーチャルユーチューバーにハマり、そのプライズがUFOキャッチャーで出るからです。(にじさんじなどについては別の記事で書こうかと思います)

 

しかしUFOキャッチャーは今まで避けてきた道なので、はなから取れないと思っています。

ぬいぐるみが直に取る形以外は「橋渡し」の台が増えており、少し慣れた人でも2~3000円突っ込まないと取れないことは分かっているので違う台を選んでいます。

 

その違う台は処分台です。(開放台など呼び方もあるそうです)

 

基本、プライズコーナーの目立たないところに置いてあって、台に多くの種類の景品が入っていて、取り方が独特なものが多いです(棒を突き刺して紙を破って落とす、たこ焼き系だけど持ち手にかごやスコップがついていて大量にピンポン玉が取れるなど。また普通の台は一日一個までなのに一日三個までOKと書いてあることもある。)

 

自分はこの台で遊んでちょこまか景品を取っています。

そういう台を選んだあとは「慣れ」や「経験」、「リセットしてもらうタイミングをつかむ」などでどうにかなると思います。

 

このやり方だと、当初の目的だったにじさんじのプライズは取れそうにありませんが、それもまた知識を得て導いた結論ということで

 

 

それでは

-趣味

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.