会社 品質保証部 思考メモ

品質保証はクレーム削減の夢を見るか?

投稿日:

 何番煎じかも分からないこのタイトルですが、品質保証・品質管理系の部署はクレーム削減に苦しんでします。

 製品の品質が~みたいな綺麗事は言いません、減らしたい理由があるのです。

 それは「報告書」です。

 B to B だろうと、B to C だろうと報告書や調査書を書くのは品証・品管の役目になっています。

 品証が書く流れは、営業などに製品のクレームが来て、品証に書かせるというとても簡単な流れです。

 これを減らしたいがために工場全体で〇〇チームや〇〇委員会を作り、品証も動きクレーム削減活動を行うわけですが、製造から見たらクレームが出ようが出まいがあまり関係ありません。

 製造は報告書を書かないからです、書くような会社やクレームを出したラインは査定が下がるような会社であれば別ですが、私の会社は特にそんなことも無いです。

 そして、クレームを削減したい品証の悩みは現場への影響力の小ささでしょう。

 製造ラインを受け持つわけではないので原因を特定できても結局従来通り見守る事しか出来ず、製造に見向きをされない手順書などを作成して終わりという感じでしょうか。

 なかなか歯がゆい部署なのです、品証というのは。

 あと、基本嫌われ役です。ヒールです。

 理由は簡単で不良品を出さないような活動をする=製造に負担を掛けると同義だからです。

 クレーム対策を作成しても現実的でなかったり(品証も分かって書いてる)、現場を分かってないくせにごちゃごちゃ言う、という感じです。

 正直、品証・品管系に就職するのは微妙だと思います、これ系はやめとけという記事が結構あるので意外と人が入ってこないのかもしれません。(自分の部署には穴埋め人員が中々来ません)

  

 

以上、それでは。

-会社, 品質保証部, 思考メモ

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。