食事関係

麺屋しをんに行ったので、コール・食券・並び方などの感想【いわき市泉町・二郎系】

更新日:

どうも、黒咲真雫(@baki_1771104)です。

麺屋しをん、といういわき市の泉町にある二郎系のラーメン屋に行ったので、値段、量、麺やスープ、お店の雰囲気、ルールについて感想など書いていきます。

~目次~

  1. ラーメンについて
    1杯目
    2杯目
    3杯目
  2. 食券の買い方や並び方、お店の雰囲気など

1.ラーメンについて

まずは、本題のラーメンについてですが、私が今回食べたのはこちらになります。

1杯目:ラーメン、ニンニクあり

小ラーメンは800円で麺は200gです。

初期でヤサイがまあまあ乗っていて、大きめの豚が2枚入っています。

写真の豚はスープに使っているので見た目以上に大きいです。

スープは濃厚な豚骨でほんの少しトロミがあり、濃厚さを窺わせる仕上がりになっていました。

麺は平太縮れ麺で濃いスープにしっかりと合いますし、食べ応えも抜群です。

スープ単体でも旨味がスゴイですが、ニンニクと組み合わせることでライブ感がマシマシになります。

個人的に今まで食べたいわき市のラーメン屋の中で一番美味しいんじゃないかと思います。

ちなみに、席に座ってからもトッピングの追加は可能かもしれません。

2杯目:ラーメン、固め、ほぐし豚

手前にあるバラバラ感がある豚が「ほぐし豚」で脂身が少なく肉肉しい味わいで美味しかったです。

100円追加するだけで結構豚が増えるのでお得ですね。

普通のラーメン屋だと薄いチャーシューが3~4枚追加されただけで200円とか取られることも多いので、二郎系の強みをいかんなく発揮されていると思います。

麺は固めにしましたが、そのおかげで食べ応えが増して満足感がUPしました。

固めにすると麺を食べている感が増えて、麺を楽しむ面も増すので固めオススメです。

元々結構濃い目の味付けなのでカラメにはしませんでした。

3杯目:豚ラーメン、麺固め

今回は豚ラーメン(1000円、豚4枚)に挑戦しました。

通常のラーメンから200円追加で大きい豚が2枚追加になります。

そして追加になるのでかなりボリュームが増えます。

食べきるのに正直ギリギリのお腹具合でした。

チャーシューが増えるに従って脂の量も増えてお腹にダメージが来るのでもしかしたら脂少な目にすると食べやすくなるかもしれません。

2.食券の買い方や並び方、お店の雰囲気、ルールなど

二郎系は割とお店ごとにしきたりが違うので少し入りづらい感じがします。

そのため、今回どんな感じで入ったのか説明したいと思います。

食券の購入~帰るまで

①車を駐車場に停めます、並んでいるベンチからの写真です。

第2駐車場もあります。

②並ぶ前に食券を買います。

③並びますが、外なので冬は寒いです。

④並んでいると、スタッフさんが食券を預かりに来てこの際に、ニンニク入れますか?と聞かれるのでコールします。

⑤店員さんに案内されるまで並んでいます。

⑥呼ばれたら店内に入って席に座ります。

⑦ラーメンが出るまで待ちましょう、水はセルフサービスなので、自分で給水器に行きましょう。

⑧ラーメンが出てきたら食べましょう

⑨食べ終わったら、器は上げましょう。

⑩ティッシュはゴミ箱に捨てます。

⑪帰ります

という流れです。

お店の雰囲気について

お店の雰囲気ですが、ご夫婦の方や若者など結構幅広く来ている印象でした。

自分は初めて来店したのですが、食券を先に買うことをご夫婦が教えて下さったのですごく助かりました。

店内の雰囲気は入りやすく、二郎系ラーメン独特の玄人感は無くてカジュアルな感じでした。

まとめ

ラーメンウォーカーを読んで気になっていた、麺屋しをんに行けてよかったです。

かなり美味しかったですし、豚がすごく大きかったのでまた食べに行きたいと思います。

以上、それでは。

関連リンク

中の人⇒https://twitter.com/baki_1771104

ブログ更新のみ⇒ブラック製造業社員の日々 (@ff14noire1) / Twitter

カテゴリー:「食事関係」

-食事関係

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.