会社

夜勤の生活スタイルについて語る

投稿日:

前回の記事(夜勤について語る)では夜勤の基本的なことについて書いたので、今回の記事では実際に夜勤の生活リズムだったり生活スタイルについて語ろうと思います。

 

まずはタイムスケジュールについてです

夜勤の時の定時は19:00~4:00なので大体18:45に会社に着くように家を出ます。

そのため、大体30分程度で着くので家は18:10~15に家を出ています。

そして帰りの定時は4時ですが残業を含めると5時半~6時前後に帰ることが多く、家に着くのは7時かそれより前ということになります。

この際、家に帰ったら基本速攻で寝るようにしています(ここがポイント)、そして15時までに起きるように目覚ましをかけて寝ています。

そして風呂や食事をとり空いた時間を趣味に充て会社に行くという毎日を繰り返します。

 

 

このタイムスケジュールで重要なことがあり、それは夜勤から日勤に切り替える際に役立ちます

 

 

それは帰ったら速攻で寝るようにしている、という点です。

これは何故かというと夜勤から日勤に体のリズムを戻す際に楽になるからです。

私は夜勤から日勤に戻す際、土曜日の7時に家に帰ったとすると昼の12時、13時に起きるように目覚ましをかけます。

そうすると休みの日にちょっと寝すぎたパターンの生活リズムを作ることが出来て、その日の夜0時ぐらいに寝ればもう普通(日勤)の生活リズムに戻すことが出来ます。

これをやらずに平日夜勤で家に帰った後だらだらして昼10~11時に寝て、夕方の17時ぐらいに起きるようにすると夜勤から日勤への切り替えが難しくなってしまいます。

そのため夜勤から日勤へ生活リズムを戻すのに苦労している方はこの方法を実践することをオススメします。

 

生活スタイルについて語れたので次も夜勤シリーズを語ろうと思います。

 

それでは

 

 

-会社

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.