思考メモ

一日の時間が短すぎる

更新日:

社会人になって感じたことは自由に使える時間が少ないということだ

家に帰ってご飯を食べて少しテレビを見ていたらもう風呂に入って寝る時間になっていることが多い

ここで、一人暮らしである自分の一日の生活を追ってみた

最近は基本早出なので7時には出社しないといけない

会社まで車で30分かかるので6時半までには家を出る必要がある

余裕をもって食事や身支度に1時間かけるとする(テレビをちょろっとみたりするし)

そうすると5時半に起きないといけない。これが一日のスタートである

7時に出社しても定時は17時なので少なくとも10時間は会社に拘束されることになる

そして毎日定時帰り出来るわけでないので、平均して17時半に帰れるとする(結構盛った、平均したら多分18時帰り)

帰宅に30分かかるので家に着くのは18時だ

5時半に起きて18時までは趣味に費やすような時間はほとんどないので18時から寝るまでが自由に使える時間になる

布団に入る時間は23時にしているため居眠りなどしなければ5時間自由に使うことできる

だが食事と風呂は必ず行うため、食事に30分、風呂に15分かけるとすると、45分使える時間が短くなる

また二日に一回は洗濯し、3日~4日に一回は買い物に行くので洗濯で20分、買い物(移動も含める)で40分使うとすると、1時間消費してしまう

洗濯や買い物が無い日(ブログを書いている本日など)は4時間15分の時間が与えられており、洗濯、買い物が被ると3時間15分の時間を使えると考えることが出来る。

これしか時間が使えないと日々頭に入れて動けば少しは能率よく動けるようになるかもしれない…

(投げやりに申し訳ない、ブログ書くのめんどくさくて最後の2行は3日後ぐらいに書いてます)

 

 

 

 

-思考メモ

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.