思考メモ 料理

極度のめんどくさがり屋の自炊の続け方

投稿日:

自炊が大変なところはめんどくさいとこにあるんでめんどくささを減らせば自炊が続く

何が面倒か

洗い物が面倒、凝ったものを作らないといけないという考え方だと思う

 

じゃあ洗い物を減らせばいい 凝ったものは作んなくていい

これが自炊の続け方だと思ってる

 

洗い物はどう減らすか

 

カット野菜を買う そのまま食える大きさの肉を買う 焼き魚はクッキングシートで焼く

これでまな板、包丁、グリル網を洗わなくてよくなる

こうすればめんどくささが減り自炊が続きやすくなる

 

こうやってどんどん洗い物を減らそう

調理する際に菜箸を使っていると思う

使わなくていい、割りばしで十分

少し短くなるが洗い物が減る

割りばしなんて100均で50本入りが買える、一回2円で済む

もしくはスーパーの買い物の際に割りばしをもらっちゃおう

2,3本持っていくぐらい許されるだろう

 

次はどんな洗い物を減らそうか?

フライパンはどうだろう

フライパンは火を使い表面は何百度の高温になっている

調理の後の汚れを取ればおそらく細菌で腹を壊すことはないだろう

汚れはキッチンペーパーで拭き取ろう

ガスを炊いて固まった脂は溶かす、この状態で拭き取る

これでフライパンの処理は終わりだ

フライパンを洗うのは他人に料理をもてなす前ぐらいでいい

人を呼ぶ前に部屋を片付けるのと同じだ、自分しか知らないんだから気にしなくていい

 

鍋でこの方法は通用しづらいので鍋は洗おう

いや、鍋は使わなくていいんじゃないか?

フライパン一本で行っちゃう? これは個人に任せる

 

作った料理は皿に盛りつけて食べる

ここでフライパンそのままで食うのはなんか生活レベルが低い気がするので普通に皿に盛りつける

(フライパン直に行っちゃってもいいと思う、どうせ誰も見てないし)

まあ皿を洗うのがめんどいなら、アルミホイルやラップを皿に巻こう

表面のこれらを捨てれば洗い物は終わる

 

飲み物を注ぐコップはどうしようか

ペットボトル直飲みは飲み干せないと衛生面が気になる(フライパンのように殺菌が出来ない、ここは気にする男だ)

しかし少量で飲めるものは割高だ

じゃあ紙コップでいい

これも100均で50個入りが買える

また洗い物を減らせた

朝・昼・晩で一日のコストは6円 やっすいね

 

箸も割りばしでおk

 

ここまで来ればもう洗うものは殆どない

いくつか挙げるなら、米を炊くための炊飯器か圧力鍋、たまに使う鍋

味噌汁などのお椀系(ラップが使いづらい)

まあ味噌汁も紙コップを使っていいかもしれない

 

これであなたは洗い物のめんどくささから解放された

 

 

そして凝った料理は作らなくていい

米を炊いて肉焼いて食えばそれは立派な料理で自炊だ

凝った料理を作ることは自炊を続けることの障害でしかない

ひたすら楽をする これが自炊を続けるコツだ

 

炊いた米に納豆とかふりかけでご飯を食べる

これでも自炊だ 「炊」の漢字が入っている

 

スーパーで総菜を買って米を食べてもいい

立派な自炊だ

米を炊いてりゃ自炊になる

 

たまには弁当で済ましてもいいだろう

無理することはない

 

周りの人はあなたが自炊をさぼっているかなんて気にしない

さぼりつつもちょっとした料理を作っていれば会話の中で自然に自炊をしてる感を出せる

 

自分ができる形で自炊を続けていこう

 

自炊における「めんどくさい」という心理的障壁を無くしていけば自炊は続けられる

 

 

出費を抑えるために自炊をしているのにこの方法でいいのか?

いや、これでいいのだ(唐突なバカボンのパパ)

カット野菜を使ったって紙コップなどを使ったって外食に比べれば安いもんである

 

ここまで読んでくれてありがとう

これで、自炊を少しでも続けられそうですか?、始められそうですか?

 

こんなめんどくさがり屋でもなんだかんだ自炊を続けているよ

 

それでは

-思考メモ, 料理

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.