思考メモ

【雑記】引っ越しの費用まとめ【家具・白物家電】

更新日:

ほぼ自分のメモ用みたいな記事なのですが、引っ越し後の部屋作りのために必要な金額を算出してみました。

  1. 家具
  2. 白物家電

1.家具

まずは家具について考えてみます。

・収納付きベッド(フレーム+マットレス) 6万
・シーツ、枕、かけ布団 1万 
・作業用デスク 1万
・デスク用チェア 1万
・テレビ台 1万
・タイルカーペット 1万

・合計 11万

2.白物家電

次に白物家電について考えてみます。

・ドラム式洗濯乾燥機 16万
・冷蔵庫 3万
・ロボット掃除機 2万
・オーブンレンジ 2万

・合計 23万

家具+白物家電
11万+23万=32万 かかります。

ドラム式洗濯乾燥機で半分かかってしまっていますが、引っ越し後は自分の時間を多く確保したいと思っているので、ロボット掃除機も含めて、機械に任せられることは機械にやらせたいと思っています。

なお、食洗機やテレビ、ブルーレイレコーダー、ゲーム機、パソコン、モニターは持っていくので予算に入れていません。(食洗機はちゃんと取り付けられるのか、というのが課題です。)

一気に払うことは全然できますが、こうして数字にしてみると結構かかりますね。
ベッドフレームは中古で済ませることが出来ないかなど検討しています。マットレスは新品にしたいですが、フレームはまあ…)
今まで色々お金をかけてこなかった分、ちゃんとしたものを揃えるとなり、一気に出費がかさんでいるというのが原因です。

ここに賃貸料金(敷金、(礼金)、仲介手数料、保証料、火災保険料)が追加でかかってきますので、引っ越しにかかる諸経費は50万ぐらいでしょうか。

私は特に子供はいませんが、子供がいる家庭は、引っ越し後の家財道具、賃貸料金、大学の諸経費での出費が相当嵩むんだなと思いました。

やはりこうした現実があると、子供を産んで育てるという事が難しくて少子化が進んでいるという気がします。
新規出生数が80万を切ったというデータもありますし、高齢者向けに使っている税金を若い世代に充てることを政治家も高齢者も労働者も本気で考えていく必要があると思います。

話が逸れてしまいましたが、以上、それでは。

-思考メモ

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.