思考メモ

2倍のお金を払っても、2倍の幸せは手に入らない

投稿日:

どうも、黒咲真雫です。

タイトルの概念を最初に知ったのは、バキのビスケットオリバがセリフですが、最近それを最近認識した出来事があります。

それは、「うなぎパイ」です。

これはノーマルうなぎパイです。

個人的に全国旅行をして、静岡県にある春華堂のうなぎパイファクトリー(https://www.shunkado.co.jp/)に行ってラインの見学(但し動いてはいない)をしたり、うなぎパイの作り方のMVを見ました。

その後にお土産でうなぎパイを2種類買いました。

1つ目は、お徳用のうなぎパイで、250gで900円ぐらいのやつです。

2つ目はうなぎパイVSOPという5枚入りで1000円ぐらいのやつです。

多分、自分で食べるようじゃなくてお土産用です。

一応、ノーマルうなぎパイは5枚入りで500円ぐらいなので、VSOPはノーマルの2倍します。

お徳用は900円で20枚ぐらい入っているので、ノーマルの半額ぐらいで買えます。(多分サイズとか、欠けとかがあるやつなだけなので、味はノーマルと同じです。)

そして今からタイトルの件に繋がるのですが、お徳用とノーマルうなぎパイでは値段が2倍違うのに、味は同じなので幸せは同じです。

そしてノーマルとVSOPを比べたときに値段が2倍違いますが、美味しさは1.2倍ぐらいしかありません。

美味しさ=幸せとするならば、2倍のお金を払っても幸せは2倍になりません。

そしてこれは、うなぎパイのようなお菓子、食事だけではなく、体験にも同じことがいえると思います。

ライブだったりディズニー、USJのような体験型の娯楽がありますが、2回目行っても同じ値段なのに、2回目は1回目の幸せ体験は得られないんですよね。感動が薄れてしまうので)

つまり2倍のお金を払っても2倍の幸せにはなれない、ということになります。

年間パスポートを買うと3~4回分のお金を払って365日行けるわけですが、感動は目減りしていくので、そこまで得するわけではないんと思うんですよね。(USJとかだと駐車場代もかかるし、通常3100円で年パスで1000円引き)

ここまでの事をまとめると、値段は倍払う必要が無い(普通のメジャーな物で十分)、体験型の娯楽は1回で十分、という事です。

この事実を拡張していくと、漫画は600円で買って所有するよりも、100円でレンタルした方がいいということになりますし、同じ映画を何度も見る必要は無いし、高い包丁や家具は別に買わなくていい、3万で買えるスマホがある中で10万もするスマホを買う必要は無い、ということになります。

話が逸れてしまいましたが、総括して言いたいことは1つで、「お金は沢山払わなくても幸せになれる」という事です。

たまにする贅沢なんてものは、高いお金を払ってもそんないいものが手に入らないので、堅実に生きていきましょう。別に高層マンションに住む必要はありません。

以上、それでは。

-思考メモ

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。