思考メモ

やりたいことは何だった?→そもそも…

投稿日:

 たまに考えることがあります、やりたいことは何だろう、という疑問です。

 今の仕事がそこまで好きでも無く、やりがいも無くだらだらやってるような、やる気が何となくあるような微妙な状態なのですが、仮に今の仕事を辞めたらじゃあ何をするか、ということです。

 考えても意外と思い浮かばないんですよね、どんな仕事に就きたいという具体的なものが出てこない、働く地域とか、休日、年収そういうものばかり気にします。

 就活時のアンケートがありますが、そこでも年収や休日数を上位にしていた気がします、一応興味のある仕事に就きたいとか大学の学問を活かせる職種に就きたいなどありましたが、何故か就活中はそのような学問を活かせるような会社には結局行きませんでした。(落ちたとか、日程が被ったとかいろいろ理由はありますが)

 ただ、本当にやりたいことがあるのなら就活時にもっとエネルギッシュに活動していたのかな、と思います。

 何に情熱を持てるかなどを探すモラトリアム期間が大学だと思いますが、その期間に何もしてこなかったのが原因ですね。

 今回のタイトルに対する答えは、「そもそも…なかった」となります。

 自分以外にも同じような考えを持っていれば傷の舐めないで少しは楽になりそうですが、そこに出口が無いので救いが無いですね。

 これに関連する話題ですが、10月に内定式後の食事会で今度入ってくる学生たちとお話をする機会があったのですが、「入りたい部署とか課はどこ?」と聞いたところ全員「特にない、決まっていない」と答えました。

 これは手の内を晒したくないからこう答えたのか、恥ずかしかったからこう答えたのか分かりませんが、本当に入りたい部署とか課が無いのであれば、なんで会社に入ろうと思ったんでしょうね、これは結構重要な問題なのではと思います。

 俺みたいにやりたいことが無いから取り敢えず会社は入っておこうという気持ちでは入る、でもやりたいことは無い。

 同期とこういうまじめな話をがっつりすることは無いですが、もしかしたら同じようなことを考えている人もいるかもしれません。

 昇格や昇給に興味ないとか、草食系とか言われていることはありますが、この情熱が無い問題はたびたび浮き彫りになっています。

 今の時代だと何かしようとすれば、簡単にネットに上げられます、しかしここで出てくるのが行動できる人間と出来ない人間の二極化です。

 行動できない人間はよりネガティブな気持ちに落ちていく気がします、自分もその一人ですが。

 

 この問題を解決するのはなかなか難しいですが、なんかしら本に書いてあったりインフルエンサーが言うような綺麗事じゃない解決法を探したいです。

 

 以上、それでは。

-思考メモ

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.