思考メモ 新型コロナウイルス

ワクチン予約で露呈した日本の弱さ

投稿日:

最近のテレビを見てるとワクチンの予約問題でニュースが盛り上がっていますが、あれを見てどう思っていますか?

私はうんざりしています、予約が取りづらい事ではなく高齢者の努力のしなさにです。

何故ワクチン予約で電話や対面をする必要があるのでしょうか。完全に人件費の無駄ですし、高齢者の面倒を見るためにいつまで若者(労働者)が消費され続けてしまうんだろうと思っています。

インターネット予約も出来ますが、ネット予約のために若者が無償で手伝います、という状況にすらなっています。

普通に考えればワクチン予約代行業者としてお金を取っていいはずです。(対面で感染のリスクも上がりますし)

また、電話予約もオペレーターの賃金が無駄に発生してしまうので電話予約は有料にするべきです。

こんなことを言うと高齢者という弱者を見捨てるのか、と言われるかもしれませんが、ネットを使えないなら使えるように努力をする、ネットが使えなくて努力も出来ないなら代行業者にお金を払ってお願いをする、という人にお願いするなら対価としてお金を払う、当たり前のことです。

つまり、日本の弱さは単に高齢者がおおいことではなく、努力をしない、対価も払わないことが当たり前になってしまった高齢者が増えてしまったことです。

これをどうにかしないと今もですが今後の日本はキツイ未来になるでしょう。

以上、それでは。

-思考メモ, 新型コロナウイルス

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。