グレフェス シャニマス

強いサポートアイドルとその理由【シャニマス・グレフェス・オススメ】

更新日:

どうも、黒咲真雫(@baki_1771104)です。

ガチャ更新の際に、サポートアイドルを見て引くかどうか迷うことが多々あると思います。(私はめっちゃ迷います

そこで、今回はどんなサポートアイドルが強いのか、GRAD育成の面や、パッシブ、サポートスキルの面から解説していきたいと思います。

~目次~

  1. 強いサポートスキル
  2. 強いパッシブ
  3. GRAD育成で役立つサポートアイドル

1.強いサポートスキル

まず、強いサポートスキルについて解説します。

強いサポートスキルは大きく分けると

①SPが稼げる

②体力回復/消費軽減が出来る

という2つの要素が強いです。

SPを稼げないと、パッシブスキルやライブスキル、上限解放のパネルを開放出来ませんし、体力回復や体力消費の軽減が出来ないと休みの回数が増えて、GRADのアビリティを取り切れない、Landing Pointで楽曲の熟練度を上げられない、そもそもレッスン回数が減ってステータスを伸ばしきれない、という状況に陥ってしまいます。

直接上限解放するスキルもありますが、SPの方が使い勝手が良いのでSP稼ぎが出来るカードを強いものとして扱います。

①では、SPを稼ぐスキルの中でも強いものは何でしょうか。

それは、特化属性のレッスンでSPを稼げるもので、花火夏葉のDaマスタリーSP、闇鍋摩美々のViマスタリーSPのようなものです。

月刊夏葉、四畳半三峰みたいにラジオやトークでSPを稼げるスキルもありますが、お仕事は消費体力が多いですし、レッスンの方がステータスが伸ばせるので、特化のレッスンで伸ばせるものの方が強いです。

そして次に強いのがユニットマスタリーSPで、ユニットメンバーが被れば被るだけシナジーが生まれて稼げるSPが増えていきます。

5人ユニットと3人ユニットでユニマスの値は調整が加えられていますが、どちらも強いです。

なお、編成でユニットを組まない場合は劇的に効果が下がってしまいますので、カード単体で強さを測るよりも、どういう編成時に効果を発揮できるかを考えた方が良いです。

例えば、トリック冬優子はユニマスSP持ちで愛依育成の場合は、P愛依、s冬優子、sあさひと3人そろって力を最大限発揮できますが、あさひ育成の場合はPあさひ、s冬優子、(s愛依はDaが強くないので入れない)、と同じユニットメンバー育成でも力を十分に発揮できない場合が生まれてしまいます。

その為、ユニマスSPだけを見てこのカードは強い!と判断してしまうのは短絡的と言えるでしょう。(ただ、基本的にSP不足に陥りがちなゲームなので確保しておきたいです)

②次に体力回復/消費軽減についてです。

シャニマスで体力回復できるスキルは、ユニマス体力や、マスタリー体力です。

体力消費よりも回復が上回っていれば回復しますし、回復より消費が多ければ実質軽減です。

消費体力の軽減に当たるのは、「体力サポート」のみで発動時に体力消費が半分になります。(施設の消費体力に対して半分で、2回発動すれば消費0、3回発動しても消費0です。)

そして、使いやすいのは体力回復です。

凸が低い場合は、回復量が少なく軽減にしかなりませんが、凸が進めば体力消費無しや、逆にレッスンして体力が回復するようになります。

強いアイドルを育成するには、このレッスンをして体力回復出来る状況を作り上げることが大切です。

何故なら休みを減らせばレッスンしてステータスを上げられますし、回復が十分で体力回復アイテムのタルトの持ち込みが減ればその分、283タオルを持ち込んで初期のアイドルの絆を上げて、GRADであればひらめき2倍の確率を上げる、エクセレント発生を上げる、ということが出来ます。

休みの回数を減らしてレッスンでアイドルと行動すればその分絆も上がるので、体力回復系のサポートアイドルは強いです。

限定で体力回復持ちのサポートアイドルがいたら優先して引きに行きたいです。

体力回復の有無は育成の難易度が結構変わりますし、体力回復が18を超えて消費よりも回復が上回ると世界が変わります。

2.強いパッシブ

次は強いパッシブについて、説明します。

パッシブで強いものは単にバフの%が高いだけでなく、「思い出アピール時に高いバフが発動するもの」です。

仮に

・2ターン以前Vo100%UP

・3ターン以降Vo10%

というパッシブと取っていれば、確かにバフの数値は高く道中は強く動けますが、最も強い攻撃であるLINK込みの思い出アピールの火力が伸びません。

逆に

・2ターン以前Vo10%UP

・3ターン以降Vo100%UP

であれば、LINK込みの思い出アピールを高い火力で打てるので、トップアピールだけではなく、ラストアピールも同時に取れ、3人の審査員を同時に満足させれば伝説の一瞬も得られます。

グレフェスをやるうえでは単にトップアピールを取るだけでなく、ラストアピールも取る、そしてそのラストアピールを2人、3人と増やすことでスコアを伸ばすことが出来、それが昇格の条件になってきます。

その為、バフの倍率が高い且つ、ターンが3ターン以降のものが強いパッシブです。

逆に3ターン以降に30%のバフしか付かないものはグレ5以降ではお邪魔になってきます。

3人ユニットの2ターン以前、5人ユニットの4ターン以前は比較的自由にパッシブを取ってOKですが、思い出ターンに引っかかる場合は自分の編成を見つめて吟味しましょう。

弱いバフでも発動しないよりはマシなので。

また、銭湯霧子や夜夜中摩美々の背水系パッシブも強力です。

審査員から攻撃を受ける確率は、注目度で少し上下させることは出来ますが、基本は運です。

しかし、リラックスなどで回復しない限りどんどん減っていくので、思い出アピールを打つ頃にいい感じに減っていれば、高い倍率のバフを発動させられます。

そして、いい感じに減らすために、アイドルのメンタルをわざと減らして育成したり(ラジオのカタストロフ)、GRADで打たれ弱いと取ることが重要です。

なお、グレフェスのシーズン毎に審査員が与えてくるダメージが違うので、上位勢はそこを考慮してちょいちょいアイドル育成を更新しています。(基本はLe育成で調整です)

3.GRAD育成で役立つサポートアイドル

では、GRAD育成で役に立つサポートアイドルの説明に移ります。

そもそも何故GRADかというと、現状ではGRADのアビリティが強力(絆、思い出高低、スロスタスタダが常時発動型)で、親愛のお守りを利用したセンター育成時に、センター適正やオルランを持たせることでステータスボーナスを付与して、思い出アピールの火力を上げることが出来るためです。

GRADでは単に上記のSP回復、体力回復が強いわけではなく、

①ひらめきと特化ステータスが一致

②強いサポートアイドルは同じひらめき内での比較で決まる

③育成アイドルと同じユニットメンバーは強い(絆の影響)

という3要素を考える必要があります。

例えば、Daに特化したサポートアイドルを例に出します。

トリック冬優子、銭湯霧子、夏風真乃、どれもDa育成で強いカードですが、全員ひらめきがVoです。

一応同一ひらめきは2人まで入れられますが、出来ることならDaを2つ入れたいですし(Da特化の取りやすさやDaのPRがしやすい)、勿論3人は入れられません。

この時点で3人中1人は切る必要があります。(凸の具合や編成で相談、ただ、パッシブの強さを見ると銭湯霧子と夏風真乃が安牌)

逆にDaひらめきでDaが強いカードと言うと、

空手あさひ、ぐらいしか突出して強いカードはありません。

(そのため、ひらめきDaであるめぐるの限定がDa特化であることが求められています。)

また、編成メンバーの絆を取ることで常時バフを発動させられるので(1個に付き5%の全色バフ)、絆を取ることで安定的に道中と思い出アピールの火力を上げることが出来ます。

1人が他4人の絆を取るのを全員が行うことで、すべて合計して絆だけで80%のバフを常時発動に出来ます。

これだけで何もない時に比べてほぼ火力が倍になります。

そのため、GRAD育成では絆を取ることが重要です、ただ勿論全員の絆を取ることは出来ませんし絆が無い分パッシブを覚えればいいので、絆のために強いサポートアイドルを切り捨てて弱いカードを編成させる必要はありません。

まとめ

以上が「強いサポートアイドルとその理由」になります。

シャニマスは限定ガチャが多いので、引くのに迷うことが多々あると思いますが、グレフェスを考えている人は上記を参考にしてガチャを引くか考えてみると、引きたいときに石が無い、ということにならないかもしれません。

以上、それでは、黒咲真雫(@baki_1771104)でした。

関連記事

シャニマス上級者は何をやっているのか【グレフェス・歌姫周回・Exスキル掘り】

限定空青あさひ、うち来る愛依は引くべきか

限定水着千雪、フグ霧子は引くべきか

-グレフェス, シャニマス

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.