シャニマス

シャニマスの聖地巡礼と283ショップの紹介!【聖蹟桜ヶ丘編】

更新日:

シャニマスの聖地巡礼で聖蹟桜ヶ丘や市ヶ谷、谷中銀座に行ってきましたのでその紹介と秋葉原のCOギャラリーで行われていた283ショップについてブログをまとめてみました。

なお、聖地巡礼は先駆者の方々がおりますのでその方達のブログやnoteを参考にさせていただきました、ありがとうございます。

283ショップの画像などを中心に観たい方はこちらからどうぞ
次回:【都内、283ショップ編】https://baki1771104.com/archives/1043

また、私は夜行バスで聖地巡礼に行ったのですが私と同じような地方の方が参考に出来るように大体の時間も併記していこうと思います。紹介というよりも旅日記の傾向が強いかもしれませんが、どうせ東京に行くなら観光とかもしたいというのが地方民の性です(まあ観光なんてする暇は中々無いのですがね)

前置きはここまでにして本編に入ります

【5:30 夜行バス バスタ新宿到着】

いきなりかなりの早朝です、何で夜行バスなのかと言うと安かったからです(平日着なので3200円ぐらい、新幹線の半額以下です)。

ただ夜行バスに揺られ揺られて体調は絶不調でした、休憩の度に目が覚めるし寒い

取り敢えず朝御飯はウェンディーズでハンバーガーのセットを500円で購入、コロナ対策で扉が空いているので店内は暖かくは無かったですが、ここで一息着いて(掛かってはいませんが)聖地巡礼の予定を再確認です。

飲み物はココアです、写真良く見ると日が分かりますが有給で行きました

まずは新宿から京王線で聖蹟桜ヶ丘に向かいます、特急で30分、普通に行って一時間、特急は追加料金掛かりますしそんな急いではいなかったので普通にしました(電車の中で寝て体力回復も兼ねてます)

京王線と言えば「樹里のSTARTRAIN」です

地方のオタクからすると電車も聖地です

【7:20 京王線 聖蹟桜ヶ丘駅到着】

朝は取り忘れたので昼の写真

眠ってたらいつの間にか聖蹟桜ヶ丘にいたのでダッシュで降りました、もうこの時点でシャニマスを感じています、彼女達はここで暮らしているのだと。

そして勿論、改札は西口から出ました、そう「駅線上の日常」の背景だからです。

283ガチャで出てきてくれました
イルミネの幻影が見えました

この瞬間でよりシャニマスを感じました、283ガチャで運良く当たった駅真乃ありがとう(ちなみに限定は駅しか当たりませんでした、高山Pどういうこと?)

そして西口改札を出て少し歩いて振り返るとめぐるの初期pSSRの背景が広がっていました

完全に一致、朝だから人も少なくていい感じ、もうちょい離れて撮ればよかったかも

駅前広場から横断歩道を歩いて振り返ると、数々のアイドルと出会ったあの背景が眼前に広がります

手前の草木は道路右側との合成でした
こっちが道路右側でこの後ろにフラワーショップやよいがあります、咲耶さんのフラワーガーデンはここかも?

この時点でかなりの感動なのですが、立ち止まってる暇はありません、次の聖地であるいろは坂に向かいます、駅から500m程ですのですぐ行けます

なお、時間帯が完全に通勤通学の時間帯なのでもしかしたら283プロの誰かとすれ違ってたかも知れません、いや認識出来ないだけで必ずすれ違ってます。ちなみに事務所っぽいところは下調べで何となくしっくり来なかったので特に見ていないです。(先駆者批判とかでは無いのであしからず)

少し歩いていろは坂に到着しました、なかなか坂はキツイです

いろは坂は甘奈のお散歩サンライトや放クラの感謝祭があります。

お散歩サンライト
上手く取れませんでしたが、ファン感謝祭の放クラのとこです

ここは地元の方の通勤通学路でそんな感じの方とすれ違いました、この道を日々歩いていたら283プロの足腰と体力は相当な物に成るでしょう(甜花ちゃんが事務所に来るのに疲れるのも納得、事務所が坂の上にあればですが…)

個人的にはこのいろは坂までが感動のピークでした、衝撃が大きすぎるのとそっくり過ぎて(聖地巡礼に来て直ぐってのもあります、結して他の場所を下げているわけでは無いです)

ちなみに聖地巡礼の場所は何となくここら辺っていうのを控えて置いただけで詳しい場所は現地に来てから調べています、適当に歩いて発見出来た方が感動が大きいので

そしていろは坂を歩くと、いつもの公園が見つかりました

いつもの背景より質素な佇まいの公園でした、遊具は無いです

霧ヶ峰のカードもここです、自分は持っていないですが…(復刻をお願いしますorz)⇒プチセレされたので早速取りました。

公園から街が一望出来ます、ベンチも電柱も無いですが

この公園から坂道を上がって少し歩くと、こがたんの階段にたどり着くのでもう少し頑張ってください

坂を登ると大体上まで来たかなって感じの住宅街に着きます、そして左側に意識を向けているとこがたんの階段にたどり着きます

景色が素晴らしいです、下のポール(丸く無いけど)を目印にすると良いです

勝手な推測ですが、摩美々の夜夜中はここら辺だと思います、町の感じが似ています。

ちなみにここの下からの風景も背景になっています(浅倉がはぐれ猫と出逢うとことか)

こっちからこがたん風が吹いていましたね、ちなみにここで8:20ぐらいです

ここまでの駅、いろは坂、公園、階段が巡礼の1セットになります。私はこのあと徒歩で高台(ゆうひの丘)に行きましたがバス使って移動した方がいいです、凄く疲れます。2km無いぐらいだしバスの時間も良く分からないから私は歩きましたが…

時間帯に依ってはここで一旦駅に戻って食事にしたり駅からのバスで他スポット(永山五丁目や府中四谷橋)も有りだと思います。ちなみにこがたん階段から高台まで歩けば20分ちょいで着きます

そんな訳で20分ぐらい歩いて都立桜ヶ丘公園に着きました

【8:50 徒歩 都立桜が丘公園到着(+ゆうひの丘)】

住宅街を抜けるとこっち側に出ます。

取り敢えずここで小休止を挟み歩き進めると、意地っ張りサンセット(じゅりなつsSR)と思われる斜面があります

sSRで背景がちょっとしか映ってないですけど大体ここらへんだと思います

そして斜面を登ると高台背景のあそこに辿り着きます。

高台背景場所であろうサポートカードは、愛依ちゃんのいるっしょ!、おっさんちょこ先輩の茜色セレンディピティがあります。

右側にちゃんと石碑もありました
景色で見えるものが書いてあります。

聖地巡礼中に気づきましたが、自分が回りたいところの背景写真やsやpカードのスクショを取っておいた方がより再現度を高められます。(自分はしなかったので大体こんなもんかで撮りました)

ここの高台は「ゆうひの丘」という名前のようです、実際に景色は最高で意地っ張りサンセットの時も夕陽でしたね。

ここまで来ると分かるのですが、じゅりなつはとんでもなく走っています、確かに意地っ張りだな、と言えるレベルです。ちなみにここに限らず聖蹟桜ヶ丘は坂道が多いので歩きやすい靴を履き、荷物はなるべく減らし目で言った方がいいです。

そしてここから次に私は永山五丁目バス停という、浅倉透とPが出会った場所に向かいました。4km離れていましたが歩きました。(正気ではない)

理由はバスが良く分からんかったからです。正直歩く距離じゃないと思うのでバスを使った方が絶対にいいです。(ちなみに永山五丁目バス停と聖蹟桜ヶ丘はバス1本で行けるのでそれでもOKです)

そんな訳で、永山五丁目バス停まで歩くのですが、坂が多いから聖蹟桜ヶ丘の人たちは電動自転車に乗っていますね。自転車に乗ってる人の9割は電動自転車でした。

そして永山四丁目辺りの団地周辺はご年配の方がめっちゃ多かったです。都会は若者が多いイメージでしたので地方民の自分としてはちょっと意外でした。

【10:20 徒歩 永山五丁目バス停到着】 

ゲーム中の背景と現地の比較がほんとそっくりでした。

♪ターンッ♪(ジャングルジムと共に流れるピアノの音)

団地側から来たので奥の階段からこっちに来たのですが、階段を下りる前から、きっとここだ、と感じさせるオーラがありました。

なお、ゲーム内に団地の背景が追加されました?が(にちかのサポートカードで)これは恐らく永山団地かと思われます。

ちなみに階段奥を歩いていくと、団地よりもちょっと前側に新築の家が狭い間隔で建っている区画があります、恐らくそこが浅倉と樋口の家のモチーフになっていると思います。(一般の住宅なので写真は載せません)

なお、近くの団地付近に公園はありますがジャングルジムはありませんでした。

写真を撮ってたらバスがすぐ来たので、聖蹟桜ヶ丘駅に戻りました。

バスと言えば浅倉の10個、光です。

10個、光に似てる!って思いましたがバスの中って大体こんなもんですよね。聖蹟桜ヶ丘駅(終点)まで行ったのでボタンは押していないです。

永山五丁目バス停から聖蹟桜ヶ丘駅までは250円でしたので普通にバスに乗って戻りましょう。時刻表を載せておくので聖地巡礼に行く方は参考にして下さい。

1時間に4本ぐらいはあります。

【11:00 バス 聖蹟桜ヶ丘駅到着】

永山五丁目バス停から聖蹟桜ヶ丘駅に戻ってきたら、11時でしたので府中四谷橋に行く前にご飯を食べることにしました、ただ何故か日高屋(チェーン店)に入ってしまってものすごく後悔しました。

ご飯の後に府中四谷橋に行きました、駅から北西に徒歩1kmぐらいなので全然歩けます、また多摩川沿いを歩くことになりますが、ここら辺でアジェンダ283をやっていたのかなーとか思うと、シャニマスを感じることが出来ます。

あいにくの曇り空、河川敷からは府中四谷橋が見えます

この河川敷は結構地元の方が使っているようでテニスとかもやっていました。

そして下の画像が肝心の府中四谷橋の河川敷背景になります。

ゲームの画角は現実だと難しいですが、十分シャニマスを感じられます。

現地は曇り空どころか少し雨が降ってきたので早めに退散しました。

ただ、距離も長く感じたので河川敷沿いは通らずに、主要道路の方に行きバスを使って帰りました。この地域のバスは基本的に聖蹟桜ヶ丘駅に向かってくれるので戻るのはめっちゃ楽です。

【12:10 バス 聖蹟桜ヶ丘駅到着】

さっき昼食に日高屋に行きましたが流石に地元の店に行かないとな、と思い「牡蠣屋 うらら」という美味しい牡蠣が食べられるお店に行きました。昼はランチ、夜は居酒屋パターンのお店ですね。

これで900円でした

カキフライがめっちゃ美味しかったです、時間が経っても熱々のままで牡蠣の旨味を感じられました。ちなみに日替わり定食もありましたがだし巻きじゃこ天との事でカキフライが食べたかったのでカキフライ定食にしました。量はあまり多くないので女性にもおススメです。

取り敢えずここまでで、聖蹟桜ヶ丘周辺は回り終えました。ご飯の後は聖蹟桜ヶ丘から新宿に戻り、市ヶ谷(釣りまみみ、約束ペタル)、谷中銀座(商店街、坂道だらけのこの町で)、秋葉原のCOギャラリーの283ショップと回ることになりますが、全部まとめると長くなるので、今回を「聖蹟桜ヶ丘編」次を「都内、283ショップ編」と分割したいと思います。

以上、それでは。

次回:【都内、283ショップ編】https://baki1771104.com/archives/1043

-シャニマス

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。