キャンプ 食事関係

【宿泊済み】いわき市周辺のキャンプ場のまとめ【8選・オススメ・無料】

更新日:

どうも、黒咲真雫(@baki_1771104)です。

私は趣味でキャンプに行き、そのたびに感想記事を書いているのですが、行った場所の数が増えてきましたのでそれらをまとめて紹介したいと思います。

値段や場所・アクセス、特徴、などを記載して詳細はキャンプ場毎の記事を参考にしていただければと思います。

8つのキャンプ場の紹介になりますので距離が近い場所などありましたら是非キャンプしてみてください。

~目次~

  1. 夏井川渓谷キャンプ場(いわき市・無料・オススメ!
  2. きになるキャンプ場(田村市)
  3. 夏無沼キャンプ場(二本松市)
  4. 緑とのふれあいの森公園キャンプ場(小野町・オススメ!
  5. 田人オートキャンプ場(いわき市)
  6. 天神岬スポーツ公園キャンプ場(楢葉町・オススメ!
  7. 不動尊公園キャンプ場(宮城県丸森町)
  8. 芝山自然公園キャンプ場(いわき市・無料)

1.夏井川渓谷キャンプ場(いわき市・無料)

夏井川渓谷キャンプ場の紹介ですが、ここは無料キャンプ場になっております。

予約なども特に必要ありません、駐車場もありますので場所代は完全無料で行けます。

詳しい場所ですが、googleマップのリンクを下に貼りますので参考にして下さい。

なお、道はそこまで険しくないのでアクセスは楽な部類になっており、いわき駅から18kmで行けます。

特徴は何といっても無料なところです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

夏井川渓谷キャンプ場の施設紹介や感想・画像【無料キャンプ場・ブログ】【福島県いわき市】

2.きになるキャンプ場(田村市)

きになるキャンプ場の紹介ですが、ここは田村市の標高が高めのキャンプ場になっております。

予約をして利用することができ、サイトの大きさに比べて安いお値段で利用することが出来ます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1-5-1024x704.png

詳しい場所ですが、googleマップのリンクを下に貼りますので参考にして下さい。

いわき駅からは遠く、高速を使って1時間半ぐらいかかります。

郡山や二本松方面の方が行きやすいですね。

特徴は、薪が安いことや卵や羊肉を予約して購入できること、炭が使い放題なこと、サイトに車を横付けできることです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

きになるキャンプ場の施設紹介や感想・画像【予約料金・ブログ】【福島県田村市】

3.夏無沼キャンプ場(二本松市)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20210925_130139-1024x471.jpg

夏無沼キャンプ場の紹介ですが、ここは二本松市のキャンプ場となっております。

予約をして利用することができ、フリーサイトやバンガローを利用することが出来ます。

テント1張りで550円、バンガロー1泊で3300円です。

1張り550円はめっちゃ安いですね。

詳しい場所ですが、googleマップのリンクを下に貼りますので参考にして下さい。

いわき駅からは遠く、高速を使って1時間半ぐらいかかります。

二本松にあるので中通り住みの方がアクセスしやすいです。

特徴は車をサイトに横付けできるとこ、広々と場所を使えること、値段が安いことです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20210925_132435-1024x471.jpg

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

夏無沼キャンプ場に行ったので施設紹介や感想・画像【二本松・口コミ・予約料金・ブログ】

4.緑とのふれあいの森公園キャンプ場(小野町)

緑とのふれあいの森公園の紹介ですが、ここは小野町のキャンプ場となっております。

電話予約(日にちと人数、薪を使うかだけ)をして利用することができ、区画サイトやオートサイトを利用することが出来ます。

区画サイトは1張り1100円で利用できます。

いわき駅からは、高速を使って1時間ぐらいかかります。

郡山、須賀川からの方がアクセスはしやすいですね。

特徴は薪を550円で使い放題なこと、コインシャワー10分300円にシャンプー、ボディーソープ、バスタオル、フェイスタオルが使えること、管理人さんが良い方なことです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20211003_115736-1024x471.jpg

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

緑とのふれあいの森公園(キャンプ場)の施設紹介や感想・画像【口コミ・小野町・ブログ】

5.田人オートキャンプ場(いわき市)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20210821_130037-1024x768.jpg

田人オートキャンプ場の紹介ですが、ここはいわき市(勿来の奥の田人)のキャンプ場となっております。

なっぷで予約が可能で、ソロキャンプの場合、区画使用料1100円+利用料550円で1650円で利用できます。

オートサイトもあります。

いわき駅からは、高速を使って30分ぐらいで着きます。

いわき市だけでなく、北茨城方面からもアクセス可能です。

特徴は管理棟がしっかりしており、トイレがかなり清潔な状態で利用できること、500円でお風呂が利用できること、広々とした炊事場、簡単にアクセスできる自動販売機があることです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

田人オートキャンプ場に行ったので施設紹介や感想・画像【いわき・口コミ・予約料金・ブログ】

6.天神岬スポーツ公園キャンプ場(楢葉町)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20211230_154649-1024x471.jpg

天神岬スポーツ公園キャンプ場の紹介ですが、ここは楢葉町のキャンプ場となっております。

公式サイトで予約が可能で、フリーサイトが1区画2200円、オートサイト(水道、洗い場、電源付き)5500円です。

いわき駅からは、高速を使って40分ぐらいで着きます、山奥とかじゃないのでアクセスはかなりしやすいです。

特徴はしおかぜ荘という温泉がフリーパス700円で入り放題なこと、海が見えること、夏でも虫が少ないこと、冬にほとんど雪が降らないこと、スーパーマーケットがめっちゃ近いことです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

夏・冬に天神岬スポーツ公園キャンプ場に行ったので施設紹介や感想【口コミ・予約料金・ブログ】

7.不動尊公園キャンプ場(宮城県丸森町)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20210731_173308-1024x768.jpg

不動尊公園キャンプ場の紹介ですが、ここは宮城県の丸森町となっております。

公式サイトで予約が可能で、区画サイトのスモールが1500円、レギュラーが2000円です。

写真はスモールなのですが、2人でキツキツになってしまうのでレギュラー推奨です。

いわき駅からは、高速を使って1時間40分ぐらいで着きます、仙台、相馬、福島からはアクセスしやすいですが、いわき市からはめっちゃ行きづらいです。

特徴は歩くと銭湯があること、駐車場からサイトまで猫車で荷物を運べること、川が流れていて川で遊べることです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

不動尊公園キャンプ場に行ったので施設紹介や感想・画像【口コミ・予約料金・ブログ】

8.芝山自然公園キャンプ場(いわき市・無料)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20210807_140305-1024x768.jpg

芝山自然公園キャンプ場の紹介ですが、ここはいわき市の無料キャンプ場となっています。

予約は必要なく、キャンプ場へ行けば好きなところにテントを張って宿泊することが出来ます。

駐車場はそこまで広くないですが、無料キャンプ場なので我慢です。

いわき駅からは、下道を使って1時間ぐらいで着きます、キャンプ場に行く途中の道がめっちゃ山道で狭いので車とすれ違わないことを祈りましょう。

特徴は無料キャンプ場ってことです、あと公園が広々しているので開放感があります。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

芝山自然公園キャンプ場に行ったので施設紹介や感想・画像【無料キャンプ場・口コミ・ブログ】

まとめ

今回は私が実際に訪れたことのあるキャンプ場を8つ紹介させていただきました。

中でもオススメは夏井川・天神岬・緑とのふれあい公園の3つです。

無料でアクセスがしやすかったり、海が近くで虫が少なかったり、薪が使い放題だったりします。

情報がお役に立てば幸いです。

以上、それでは。

関連リンク

中の人⇒https://twitter.com/baki_1771104

ブログ更新のみ⇒ブラック製造業社員の日々 (@ff14noire1) / Twitter

カテゴリー:「キャンプ」

-キャンプ, 食事関係

Copyright© ブラック製造業社員の日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.